ブログ
2011年8月26日 13時33分

[建設業の適正な取引について]

「復興後を見据えた建設企業経営」

東日本大震災津波の復旧工事により一時的に工事量が増大することが想定されます
が、長く続くものではありません。

その後に訪れるであろう停滞期を乗り切るためには 何をすべきであり、何をすべきでないのか・・

経営体力のある建設企業になるために復興後を見据えどのように震災復旧期を過ごすべきかを学びませんか。

また、建設業取引における元請負人と下請負人の関係に係る留意点について説明します。
=============================
[日時]平成23年9月12日㈪ 13:30~16:00
[場所]建設研修センター3階大ホール
[講師・内容]

建設業の適正な取引について

①建設業の下請取引における流
②元請下請取引ルール
③相談窓口及び参考資料の紹介
国土交通省東北地方整備局 建設部 建設業適正契約推進管 阿部氏

==============================

「復興を見据えた建設企業経営」

①大災害復興時の建設企業を取り巻く環境
             (工事量・財務指標・企業倒産)
②震災バブル期の対応
③復興後を生き残るために
(株)建設経営サービス 事業統括本部 本部長 堀内啓介氏)

[対象]  県内建設企業の 経営者
[定員]  160名
[受講料] 無料
[申込み] 受講申込書に必要事項を記入の上、FAXにて申込み
                           →019-629-2052

申込み締切:平成23年9月8日(木) ※定員になり次第締め切らせていただきます。   

【問合せ先】 岩手県 県土整備部 建設技術振興課(高瀬・小原)

           TEL 019-629-5954(直通)

============================
                       
                  ✿めかぶチン✿

ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
アクセスカウンター
合計:705864
今日:140
週間:1302
月間:2125