ブログ
2011年8月30日 10時36分

停電に備える釜石

釜石ではあの震災後、約1か月以上にわたり、停電が
続いた地区もあり、大変な生活を送っていました。

そのようなことから、釜石市では電力会社の設備が
被災しても自前で電力を確保できるように市内の
がれきを燃料とした発電施設を設ける
方針を決めた
というニュースを見ました。

市内に発電施設を設けた上で、周辺の住宅に
電力を供給する送電網を整備する。
停電しない街づくりを目指しています!!!

またあのような震災が起きたとき、
もしものために備えておかなければ・・・
起きてしまった後では遅いですからね!

この発電施設の燃料は、震災で大量に発生し
処分が課題になっている木材などのがれきや、
地元の森林からでる間伐材を活用
する事を
検討中みたいです(^^)

新日鉄内にあるがれきの山などをみて分かるように、
がれき撤去が進むのと同時に、集まるがれきも
処分しなければならないですよね・・

がれきの一部分だけでも有効活用されると、
処分の費用も削減されますし、なによりここ
釜石に発電施設が設備されると心強い!!

しかし!!
住宅への電力の供給は法律で電力会社にしか
認められていないそうで・・・(._.)
釜石市では特区制度の申請も視野に入れて、
住民などと協議を進めると共に、協力する企業の
選定や、発電規模の検討などを進めることに
しているそうです!!!

釜石市以外にも、がれきを有効活用しようとして
いる地域があります★

それは、宮城県南三陸町!!!!

がれきの焼却灰や汚泥を固化し・・・
コンクリートに再利用するということ!

特殊な混和剤により、原料に塩分が含まれて
いても、強度を保てるのが特徴!!!

海水をかぶったがれきの焼却灰や汚泥、
塩害を受けた田畑の土の活用につながるそうです。


簡単に処分できないものでも再利用され、
街の復興につながっていく!!

少しずつ、立ち上がって参りました釜石(^^♪
ワカメちゃん









ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
アクセスカウンター
合計:694689
今日:4
週間:117
月間:2295