ブログ
2012年6月25日 22時09分

小枝柿の干し柿

気仙地域で採れる小枝柿。
その干し柿は、一般的には自家用として作られています。

表面につく「白い粉」は糖分が結晶化したものだという。

さらに気仙地域の小枝柿(肥田柿)は種が無い(地域・場合によって種あり)。

文献によると、平安時代に干し柿の存在が確認されているという。

災害により、干し柿をつくることが出来なかった家庭が多かった。
陸前高田の気仙大工左官伝承館の皆さんにお願いして、
干し柿を作ってもらった。
それがこの画像。

地元の方々は、「まさか干し柿が売れると思わなかった」とのこと。
昔から、当たり前のように作られてきた干し柿。
今では、貴重な甘味。

昨年は、「お試し」で販売したため、
なんとこの価格。


朝市での販売でも大好評。

今年の秋が楽しみです。

記事
 
ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

ブログカレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
バナー